日々を生きる雑記帳

病気のことを少しと、日々のことを書いていく予定です。 *nickは趣味について書きます

スポンサーリンク

お風呂に入る時に隠す場所

こんばんは。ゆんです。

 

みなさんはお風呂に入る時に隠す場所ってどこですか?

もっと具体的に言うと、湯船に入る時に隠す場所です。

 

 

そう、

 

おへそ

 

です。

 

 

私がまだ父親とお風呂に入っていた幼い頃、湯船のお湯が熱くてなかなかつかれずにいました。

 

すると父親から、

 

「おへそを隠して入りなさい。そうすれば熱くないから」

 

と言われ、実際にしてみると

 

「………ほ、ほんとだ!あちゅくない!!」

(若かりし頃の自分を萌えさせてみました)

 

となり、それ以来お風呂に入る時はおへそを隠すようになりました。

 

 

大人になってからはおへそを隠す事はなくなりましたが、最近、ふとおへそを隠す事の根拠が気になり父親に聞いてみました。

 

 

 

 

「ねぇ、小さい頃お風呂に入る時に、おへそを隠して入っていたのは何で??」

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

 

 

「おへそ?何それ?何で隠すの?」

 

と、逆に聞かれてしまいました。

 

 

 

私はとても驚きました。

 

私の父親は、私の息子(1歳6ヶ月)に

「ほら、角食パンマンだよ」

と、しょくぱんまん を間違って覚えた名前で教え込む ちょっと天然が入った人なんです。

角食パンマンって実写化したら、キャストは高倉健が演りそうだな(私の感想)

っていうそんな父親の、

幼い我が子を熱いお風呂に入れるために、一瞬で機転を利かせることができる

という新たな一面を知った瞬間でした。

 

 

おまけ

父親の父親、私の祖父とのエピソードです。

私の祖父は10年くらい前に亡くなりました。

私は人見知りということもあり、祖父とあまり会話をした記憶がありません。(親戚ともあまり会話した記憶がないです…)

祖父の家は農家なので、家の前の道路を挟んで向かい側に納屋がありました。

 

お盆の時、親戚が祖父の家に集まり納屋でバーベキューをしていました。

夜になってもバーベキューは続き、その内 祖父がトイレに行くと言いました。

かなりお酒が入っていたので、誰かに ゆんの肩を貸してやれ、と言われ、納屋から家まで祖父と2人きりで向かうことになりました。

 

納屋から出ると、空には満天の星が。

田舎だから街灯もほとんどなく、とても綺麗でした。

 

道の途中で祖父が立ち止まり、空を指差して言いました。

 

 

 

「ゆん、あの光っている星の名前を知ってるか?」

 

「わ、分からないです」

 

 

 

 

「そうか………

 

 

 

 

 

 

俺も知らん

 

.

.

.

.

.

.

 

 

終わりーーーーーー?!

嘘でしょ?

何か壮大な 深良い話が始まるんじゃないの?!

2人きりだし、未来ある若者へ向けてエールを送ってくれるんじゃないかって期待しちゃったよ。

 

 

って、本当にこれだけで終わっちゃったんですよね。

祖父と2人きりで話した最初で最後の瞬間でした。

 

 

 

 

父親も祖父も適当だな〜って思った話です。

 

 

 

おしまい