日々を生きる雑記帳

病気のことを少しと、日々のことを書いていく予定です。 *nickは趣味について書きます

スポンサーリンク

残酷歌劇 ライチ☆光クラブを観た《ネタバレ有》

残酷歌劇 ライチ☆光クラブ [DVD]

こんにちは。ゆんです。

 

以前から気になっていた

「ライチ☆光クラブ」。

 

なんと舞台をdアニメストアで観れる事が分かり早速観てみました!

 

《残酷歌劇》とある通り、内臓や目玉を取り出して血がブシャーっとするシーンがありました。

観ていて痛たたた…となります。

 

あらすじ

少年達の幼さ故の狂気と愚かしさ、彼等に作られた機械(マシン)と少女に芽生える恋を描いた物語。本編と外伝と共通して、独裁者になることを望んでいた少年と彼を取り巻く仲間達のグランギニョルである。

出典:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ライチ☆光クラブ

 

…グランギニョル?

 

 

以下はネタバレありの大まかなストーリーです。

 

 

光クラブとは9名の少年たちで結成された組織の名前です。

 

光クラブ、ただの仲良しグループではなく、やる事がえげつないです。

冒頭、自分の学校の先生のお腹を切って内臓を取り出したりするんです。

おー…痛たたた…

 

主人公は光クラブの実質的リーダーである ゼラと呼ばれる少年です。

 

ゼラは、成長して醜い大人になっていくことを恐れています。

 

また、ゼラは

30歳で世界を手に入れる、或いは14歳で死ぬ。その鍵は一人の少女が握っている

という予言を受け、世界を手に入れるため、永遠の美を手に入れるため、仲間(ゼラから見れば手下)たちと共に最強のロボットを作ります。

  

完成したロボットの名前は ライチ。

 

果物のライチがエネルギーとなって動きます。

なんだか素敵…!

 

ライチはゼラによって自身の命運を握る美しい少女の捕獲(誘拐)を命じられ、カノン という少女を彼らの秘密基地である工場へと連れてきます。

 

カノンは美の象徴として玉座に迎えられ、少年たちから崇め奉られます。 

 

 

 

光クラブのメンバーにジャイボという美しい少年がいます。

ジャイボの見た目はとても女性的で、ゼラを愛するヤンデレです。

彼はゼラの全てを手に入れたいと考えています。

ゼラはそんなジャイボを気に入っており、2人は体の関係を持ちます。(ゼラにとってはお遊びでしたが)

 

ゼラの心を奪おうとするカノンや、その他ゼラに気に入られようとするメンバーに対し、ジャイボは嫉妬します。

※カノンは光クラブの誰の味方でもありません。捕らえられてからはほとんど寝たふりをしています。ジャイボが一方的に思い込んでいます。

 

ゼラに自分だけを見てもらうため、光クラブのメンバーがゼラを裏切っているかのように見せかけ、ジャイボはメンバー同士で処刑するよう謀ります。

 

このジャイボの嫉妬によって、光クラブは崩壊への一途を辿っていきます。

 

 

 

感想

 

ザ★エンターテイメントという舞台でした。

歌あり、ダンスあり、水が流れる演出あり、ポールダンスなんかも上手く使っていました。

舞台を映像で観るのは、やっぱり生で観るのと感覚が違うので少し勇気が要るのですが、全く違和感なく観る事ができました。

みなさん本当に演技も歌も踊りも上手!!

ゼラの発狂シーン、素晴らしい!

 

劇中では血が沢山流れるのですが、ジャイボは(おそらく)ぐちゃぐちゃに殺されたせいで、血糊で白いシャツが真っ赤なシャツに変わってました…ひぃ…

 

登場人物は多いですが、モブに近いようなキャラも数名いて、

あれ?このキャラ何してたっけ…?見落としたかな?と思ってwikiを見てみたら「影が薄い」と書かれており、これで原作通りなんだな、と思いました。

 

ストーリーには書きませんでしたが、カノンとライチが心を通わせる重要なシーンがあります。

カノンの見た目は確かに綺麗だけどちょっとギャルっぽい…と思っていましたが、アニメ声も相まってめちゃくちゃ可愛い…

カノンの可愛さにやられました。

恋は叶わなかったけど、ライチはカノンに出会えた事が救いでした。

 

 

全くもってホラー的な要素は無く、残酷な描写があるだけなのですが、なんだかショックで夜中トイレに行けなくなりました。

 

気になる方は是非!