日々を生きる雑記帳

病気のことを少しと、日々のことを書いていく予定です。 *nickは趣味について書きます

スポンサーリンク

【閲覧注意】皮膚移植したところの画像とリハビリについて【遊離筋皮弁】

f:id:papapapa330:20180915072014j:image

こんにちは。

ゆんです。

 

手術から3週間強、やっと本日退院することができます。

 

 

リハビリ

私の場合は手術後2週間弱でリハビリが始まりました。

期間は大体8日程行いました。

 

まず、手すりのあるところで手術していない方の足だけで立ちます。

その後、手術した方の足を床につき、できるところまで体重をかけていきます。

はじめは痛くて、絶対に無理だと思いました。

また、この頃血圧が異常に低く、上が80代が基本でした。そのため立ち眩みが酷く、そちらも辛かったです。(平常時だと100前後あります)

 

慣れてくると、手すりの中を少しずつ歩きますが、痛みが強く、始めはなかなかうまくいきません。

 

本当に歩けるようになるんだろうか…と心配していたのですが、ある日を境に、何故か急に歩けるようになりました。

 

傷の回復が歩けるまでに至ったのでしょうか。

 

前回の足関節の手術時とは違い、あまりみっちりリハビリをしなかったので不安だったのですが、

現在は、以前と同じように とまではまだいきませんが、ゆっくり歩くことができています。

 

 

手術箇所の画像

今後、同じような手術をされる方で気になる方もいらっしゃると思いますので、載せたいと思います。

 

ですが!

結構見た目がグロテスクなので、大丈夫だよ!

という方だけご覧になって下さい。

 

無理な方はここまで!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、こちらです。

f:id:papapapa330:20180915064625j:image

ホチキスの針はもう抜いているのですが、まだ糸が残っている頃の写真です。

 

そしてもう1枚。
f:id:papapapa330:20180915064702j:image

踵からアキレス腱周辺部分がぷよぷよしているのがお分かりでしょうか?

こちらは触ると、人体とは思えない程ぷよぷよしてます。

水が入ってるのかな…?というような不思議な感触で、触るのが怖いです。

あと、強く触るとまだビリビリして痛いです。

 

*足の甲にある痣は元々持っている病気の痣なので、今回の手術でできたものではありません。

 

移植箇所がこんもりとしているのですが、その内徐々に筋肉が痩せていくそうです。

しかし、完全に以前と同じようにはならず、膨らみが残るそうなので、気になる方はその部分を減らす手術をするそうです。

(痛い思いはしたくないので、恐らく私はしないと思います…)

 

まとめ

f:id:papapapa330:20180915072342j:image

術後、外来受診が1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後とあり、そこで終了だそうです。

私は移植した皮膚の治りがイマイチなため、早速来週病院です。

 

入院しているとどうしても体力が落ちてしまいますので、帰ってからは体力をつけたいと思います。(じゃないと、病院まで辿り着けるか怪しい…)

 

おしまい