日々を生きる雑記帳

病気のことを少しと、日々のことを書いていく予定です。 *nickは趣味について書きます

スポンサーリンク

ピンク色の出血〜切迫流産〜鮮血・腹痛・腰痛が止まずに6wで流産した話

こんにちは。

ゆんです。

 

 

タイトルの通り、流産してしまいました。

 

今日…。

 

え?

今日?!

 

自分で思っていたよりもショックで、とりあえずブログに吐き出そうと思い綴っています。

 

 

今回の妊娠は今思い返すと、ちょっと変だったかなぁと思う点がありました。

 

まず第1に、つわりが無かったこと。

つわりの有る無しは、その都度違うようですが、胃腸があまり強くない私は絶対今回もつわりがあると覚悟していたのですがありませんでした。

もし順調に育っていたらこれから始まる予定だったのかもですね。

 

次に、エコーの写真がぼんやりしていること。

お医者さんも、あれ?排卵日っていつか分かる?って感じで、妊娠はしてますよ!って言われるのですが、小さな丸い点がぼんやり見えるだけなんですよね。

ネットで同じ週数の写真と比較して、育ちが全然違うなぁ…と心配していました。

でも、8wに入ってからやっと心拍確認できました!のような書き込みがあったりしたので、自分もきっとそうなんだろうと思うようにしていました。

 

しかし、5wの終わりにいきなりトイレで薄いピンク色の血が…!

 

すぐさま病院に電話したのですが、「よくあることだから大丈夫。出血しようがしまいが赤ちゃんの育ちに関係ないから」と言われました。

 

そうかぁ…と、その場では納得したのですが、その後、鮮血の出血が…。

 

心配になり、前回出産した病院で診てもらうことにしました。(今回は前回と違う病院で出産しようと思っていました)

 

診察で言われたのは、切迫流産。

流産=もうダメなのか…という印象がありますが、切迫流産は、流産しかかってますという状態で、まだ妊娠はしている状態なんですね。

 

さらに、流産しづらいように、黄体ホルモンの注射をお尻にしますと言われました。

 

はいは…

お、お尻?!

まじすか…。

 

すぐさま、待ち時間に

「黄体ホルモン 注射 痛み」で検索しました。

 

すると、

痛いでお馴染みの」という単語が出てきてめちゃくちゃ焦りました。

 

まぁ、実際は全っ然痛くなかったです。

恐らく、治療で何度も打ってる、とか、薬剤の量が多い、とか、打つ人が薬剤を勢いよく入れたりしたら痛いんじゃないかな、と思います。

 

あとは、お薬をもらいました。

 

しかし、家に戻ってから鮮血が出るわ出るわ…生理2日と3日の間くらいの量が出てきます。

更に、腹痛と腰痛が。

ネットで検索すると、どうやら出血にプラスして腹痛もあるとやばいということが分かりました。

 

そして、夜、血じゃない、白い塊が出てきました。

 

鳥の皮のような…サイズは5mmくらい…?

明らかに血ではなかったので、きっと赤ちゃんが出ちゃったんだ…とその時思いました。

翌朝電話すると、その白い塊を持って来てくださいと言われました。

(白い塊は動転してトイレに流してしまっていました)

 

朝一、病院で診察してもらうと、まだ赤ちゃんは中にいました!

何だったんだ、あれは…。

 

しかし、胎嚢の位置が大分変わっていて、出口?に近くなっていました。

先生は、ほぼ流産っぽいねとおっしゃってました。

しかし、ここから持ちこたえる人もいるとのことでした。

 

帰ってからも出血が続きましたが、腹痛はだんだん治って来ました。

 

ほとんど寝て過ごしていたせいか、翌日には出血はかなり減っていました。

これは大丈夫だったのか…!と思った矢先、

 

お昼ご飯を食べに居間に降りて来た時、何かがにゅるりと出る感覚が…

 

もしや…と思いトイレに行くと、

明らかにこれはそうだ、という塊が出ていました。

もう、見た目が全然違いました。

サイズも7-8センチはあったように思います。

色は白くなかったです。

ネットで魚の内臓っぽいとあったのですが、今思い返してみるとたしかにそんな感じでした。

 

今度は流さず、サランラップにくるみ、ジップロックに入れて病院へ行きました。

 

先生は一目見るなり「出ちゃったかぁ」と仰いました。

中にまだ血が残っているということで、子宮収縮の薬が出されました。

手術はしなくて良いようです。

 

塊は、病理検査しますとのことです。

 

完全流産は痛みが強いようで、先生にも「相当痛かったでしょ?」と言われたのですが、私の場合はあまり育っていなかったせいか、いつもの生理痛(軽いほうです)くらいの痛みで、全然大丈夫でした。

 

 

まとめ

今回のことで、

・妊娠中の出血は、割とよく起きること

・流産も(自分が思っていたよりも)よくあること

・多くの妊婦さんが流産を心配しながら妊娠生活をしている

ということが分かりました。

 

スケジュール帳の、ルナルナが計算してくれた出産予定日を消す作業が切なかったです。

 

おしまい